最近はさっぱりですが、学生時代(ずいぶん昔のことですね・・・)には、
それでもぼちぼち星空の写真を撮り、その遠征先の風景などもフィルムに刻んでいます。
カラースライドやネガとして眠っている写真からいくつかを、スキャナで読み取って
21世紀の現代に甦らせてみました。
フィルムの感度も機材も、今ほどの性能はありませんでしたが、
ある種のアマチュアリズムは匂い立っているような気がします。

プレセペと木星 プレセペと木星 字幕つき
かに座のプレセペ星団と木星の遭遇
木星は12年(正確には11.8年)で星空を一周する。
これは1978年12月下旬に
八ヶ岳南麓の山梨県大泉村で撮影したもの。
2002年の後半にはまた木星はかに座を訪問する。
氷点下10℃を割る中でのガイド撮影は
なかなかホネの折れる仕事である。
ヒヤデス星団 ヒヤデス星団 字幕つき
おうし座ヒヤデス星団
オリオンに突っかかろうとする猛牛の顔の部分。
オレンジの1等星アルデバランは血走った牡牛の眼だ。
ヒヤデスは距離130光年の、太陽系に最も近い散開星団。
しかしアルデバランは68光年で、たまたま同じ方向にみえる
賑やかしみたいなものである。
大泉の凍てつく夜 甲斐大泉にて
甲斐大泉、写真撮影遠征
上の写真を撮るための遠征である。
左の写真は星空撮影中のブレイクタイム。
何しろ寒い。左端がmasaruk、中央O君、右T君。同期の親友。
望遠鏡ケースの上が、霜に凍りついて銀白色に光っている。
右の写真は、帰る日に撮った小海線の列車背景のショット。
左O君、masaruk。写真撮影でだいたい30〜40kgの荷物を;
フレームにくくりつけて担いだもの。    1978年12月
清里美し森で捉えた星
は白鳥座の銀河。露出中に流星が横切る。
全体が紫がかっているのは、先輩のアパートで
自家増感現像をしたことによる影響。
は、はるか甲府盆地の上にポチリと光るカノープス。
中国名を南極老人星と言うこの星は、本来全天第二の輝星。
星の動きに合わせてガイドしているので、地上の風景が
流れて写っている。             1978年10月
夜明けの富士、遠望
清里・美し森は、清里駅から斜面を八ヶ岳に向かって
数キロ上がったところにある。
海抜1500mの清澄な大気に加え、展望が素晴らしい。
一晩中星を見て迎える夜明けの楽しみは
この、墨絵のような富士の姿である。
富士の瞬間変化
左の2枚は、上段の富士のほんの7〜8分後の姿。
空がやや明るくなったのはもちろんだが、
富士の色合いが劇的に変化をしている。
富士山と手前に見える山との間の大気に
曙光の先触れが映えて、富士のシルエットというスクリーンに
微妙な色彩をひと刷毛染めているのだ。
                        1978年10月3日朝
カシオペア二題
カシオペアというとW型と習うが、
秋から冬に頭上高くかかるときはM型なのである。
秋の銀河に浸っていて星数が多い。赤い星雲も点在。

星の色を際立たせるには、
一〜二段絞っての静止撮影がよい。実にカラフルだ。
左=78年12月甲斐大泉  右=81年7月福島県浄土平
清里・美し森の夜明け二題
左=この夜明けの透明度は最高だった。
何しろ10センチで14等星を確認したあとの夜明け。
中天のマイナス2等の木星が日の出後もしばらく肉眼で
見えていたほど。甲斐・信濃国境の山々のシルエット。

右=薄く沈殿する朝もやの向こうには、朝日に照り映える
南アルプスの連なり。
   いずれも美し森、78年10月
渦巻き星雲コンビネーション
星座の四季でいえば秋空に浮かぶ2つの銀河。
左のM31とは、かのアンドロメダ大星雲のことだ。
230万光年彼方の星の大集団。肉眼でも4〜5等の星のよう。
双眼鏡で、中心を包む光のにじみが明らかに。
M33は「さんかく座大星雲」と呼んでさしつかえない。
やはり200万光年ほどの独立した渦巻き銀河。
M31・M33、そして我が銀河系は、局所銀河群の仲間。
プレアデス星団とバラ星雲
左=M45・プレアデス星団。和名は「すばる」
410光年ほどの距離にある、美しく若い星々の群れ。

右=いっかくじゅう座にあるNGC2237・バラ星雲。
赤いバラの花を正面から見たかの如し。
このロゼッタネビュラ(ネビュラ=星雲)は、
暗い空のもとでは、双眼鏡でも淡いながらよく見える。
東京・千住から二題
足立区千住には実家のマンションがある。
左=1982年1月10日未明の皆既月食は快晴に恵まれ、
全行程を観測できた。大学時代最後の天体写真。
月の右上の星はふたご座のポルックスとカストル。

右=同じ千住のマンション12階からの夕暮れ富士遠望。
左側に新宿の高層ビル群があるが、82年当時は
パークタワーも東京都庁舎もない。
空気が澄んだ日の東京パノラマは捨てたもんじゃない。