広島、あの夏の朝(その1)


   航法士の記録   午前8時12分、IP(進入点)通過。 進路264(真西より6度南)。
              機外気温マイナス22℃。
              高度3万1060フィート(9470メートル)。 港に船舶8隻を認める。


   
気象台の記録   午前8時現在・・・気温26.7℃  湿度80%  北の風0.8  うす曇り
              雲量10  日照1.00


 雲量が10だが日照も100%・・・これの意味するところは、薄雲が全天に広がっていたが日差しは十分な強さだったという、
気象台職員の判断である。 太陽光線が焦点を結び、帯状の記録紙を焼き抜いていく仕組みの日照計の記録でも
この日は午前5時50分頃から焦げ目がつき始め、午前8時にかけて記録しはきれいに線状に焼け抜けている。
やはり日差しの強い夏の朝であったことはまちがいない。

 小倉豊文氏の著した「絶後の記録」の冒頭近くを引用する。
「実によく晴れ渡って、広島特有の風のないむし暑い朝だったね。 空いっぱいに真夏の朝の光線があふれるように流れて、
 少しもやもやしている紺碧の深い虚空は、チカチカ目に痛いほどだった。」
このとき小倉氏は、広島市の中心から東に4キロ余りの大洲橋(おおずばし)のたもとを、広島市内に向けて歩いていた。

 広島は南に瀬戸の内海といくつもの島々、北側は冬の季節風を和らげてくれる中国山地に抱かれた箱庭のような
美しい街である。 中国山地に発する太田川(おおたがわ)が瀬戸内海に注ぐところで手の平を広げるように分流し、
その発達したデルタ(三角州)に広がる水の都だ。 市の中央を東西に横切ろうとすると、最大6本の川を渡らなければならない。
広島三角州Bird View 広島 Bird View

広島に詳しい人なら気づくかも知れないが、
これは1945年(昭和20年)当時の三角州の姿を
再現している。
現在は、埋め立てで南(左手)にさらに市域が広がり、
一番奥の山手川と福島川も、太田川放水路に改掘
されている。           CG=masaruk

 小倉氏が額の汗をぬぐいつつ歩を進めていたころ、東に25キロほどの賀茂郡西条(現・東広島市)の上空を、
3機の米軍B29爆撃機が数マイルの間隔をとりながらV字編隊で西へ向けて飛んでいた。
編隊は午前8時6分に福山の松永監視哨によって報告され、午前8時12分には西条の監視哨も3機のB29を目視し直ちに報告。
中国軍管区司令部は警戒情報を各所に発した。
その内容は「午前8時13分、中国軍管区情報。 敵大型機三機が西条上空を西進しつつあり、厳重な警戒を要す」。

 地上で緊張がはしり出した頃、マリアナ諸島のテニアン島から6時間半をかけて飛行してきた隊長機「ENOLA GAY」は、
その恐るべき重大ミッションのまさに秒を争う局面を迎えていた。西条の監視哨が気づいた午前8時12分に、
ENOLA GAYはあらかじめ設定されていた進入点を時刻・高度・速度ともに予定通りに通過した。
ENOLA GAY
ENOLA GAYのクルーたちの目に
広島はどのように映ったのだろうか・・・

使命を帯びた彼らに
照準器を通して目標は見えても、
残念ながら6マイル下の人々の
つましい生活や営みは見えなかった。

ENOLA GAYからの広島
 
 気温マイナス22℃の高空に使命を果たそうとする男たち。
その9000メートル下では、朝から汗ばむ陽気の中、戦況の著しい悪化に直面しながらも
活発な一日の営みをはじめた広島の人、人、人・・・。
そしてわずかに3分。 真夏の青空にマグネシウムフラッシュを焚いたような、鋭く巨大な閃光がはしった。
広島を覆う閃光
すべては100万分の1秒の世界で発した
閃光からはじまった。

巨大な閃光は大気分子をも輝かせ、
白昼にもかかわらず
100キロの遠方でも感じられたという。


 閃光・・・暗黒・・・不意の静寂・・・呆然自失・・・あるいは死んでしまったか・・・
明るい広島の朝は突然、名状し難い暗黒のスクリーンに包まれた。
やがて暗黒の中に炎が上がりだす・・・
静寂の中にうめきや叫び声が広がりだす・・・
瞬時に命を奪われなかった人たちが我に返ったそのときから、果てしのない苦難が待ち受けていた。

原爆が、静かに暮らしていた広島の人たちにもたらしたものは、真っ黒い死や単なる苦痛だけではない。
家族や恋人、社会・・・それらを引き裂き崩壊させるという、語りつくせぬ無数の悲劇である。