風のかおり バナー


星見人(ほしミスト)は星空を見上げる。 それは必然的に大気中のさまざまな不思議を見上げることに通ずる。
星見人が空を見上げるのは快晴の空だけではないのだから。

星見人は青空に浮かぶ雲たちの千差万別の表情、その変化をも捉えている。
星見人は白昼の青空に太陽や月や惑星を追うこともあるのだから。


昔、天文と気象は、いつもひとつの図鑑の前後をシェアする兄弟分野だった。
だから、星の好きな人間は気象に強い人間が多く、気象好きにも天文ファンは多い。

星の魅力は宇宙の奥行きの深さ、尽きせぬ興味の奥深さ。
気象の魅力は、暮らしに身近ながら巨大なその現象スケール。
共通するのは、再現性があるようで、ひとつひとつが個性的なその表情ではなかろうか。


歴史の背景に空あり
戦国の流れを変えた豪雨(其の壱) 2002.01.15
戦国の流れを変えた豪雨(其の弐) 2002.01.15
大震と津波(その1) 2002.01.16
大震と津波(その2) 2002.01.16
広島、あの夏の朝(その1) 2002.02.02
広島、あの夏の朝(その2) 2002.02.02
翔けめぐる衝撃波 2002.03.03
フェーンと大火(1) 2002.04.13
フェーンと大火(2) 2002.05.03


Home